独立行政法人国立高等専門学校機構 宇部工業高等専門学校

English
目的別

第20回 寮務主事 後藤実

宇部高専同窓生の皆様へ

宇部工業高等専門学校
寮務主事 後藤実

 

同窓生の皆様こんにちは。本年度は、昨年度から進められてきた「規律とチームワーク」の方針をさらに発展させ、寮生会を中心とした寮の自治運営を目指して寮生一人ひとりに「自治と自律と自主性」について考えさせるよう取り組んでまいりました。そのために、これまで寮生会とは別々に組織されて活動していた正副フロア長や指導員を寮生会組織のメンバーとして位置付けるための寮生会会則の改正を行い、昨年10月より発足した新しい組織体制で運用を開始しました。

この改正によって正副フロア長は寮生会役員である棟長の傘下に組込まれ、各フロア長から棟長を経て寮生会長まで迅速な情報伝達が可能になりました。また、今回の改正で、正副会長、総務部長、書記、会計を寮生会幹部として総会に次ぐ審議議決機関とし、寮生会運営の迅速化を図るようにしました。特に、点呼方法の見直しを図り、各フロア長がとった点呼票を寮生会幹部による点呼責任者に集約した後に宿直教員に報告する方法は、火災等による避難時の点呼に応用することで迅速な安否確認が可能になることを11月6日に実施した防火避難訓練で確認しております。

1年生の生活指導を行う指導員は、生活指導委員として新たに寮生会組織に設置された生活指導委員会の傘下となりました。これによって、それまで3年生の寮生だけで組織されていた指導員の活動を寮生会が中心となる高学年寮生がバックアップする体制となり、1年生のみならず2年生に対する生活指導もシームレスに行うことが可能となりました。

昨年度から実施している清掃美化委員会を中心としたゴミ分別活動による支出削減や、国際交流委員会によるマレーシアや台湾からの短期留学生向けの国際交流イベントの推進も活発に行われています。また、学力向上委員会によるSMAP(上級生講師による学習指導)や生活指導委員会による勉強会が実施され、昨年度同様、学力向上に取り組んでいます。3月には企画委員会によって卒業生の送別会が開催されます。

ところで、昨年11月に発生した汚水ポンプの故障により急遽臨時閉寮を行うこととなり、寮生と保護者の方々、ならびに同窓生の皆様にも大変ご迷惑とご心配をお掛け致し、まことに申し訳ございませんでした。本件を教訓として今後は十分な保守管理体制をとり、再発防止に努めてまいります。臨時閉寮によって授業を受けられなかった寮生については、教務をはじめ多くの教員の協力で補講を実施し、授業を受ける機会を確保いたしました。ご協力いただきました方々に感謝申し上げます。

最後になりますが、同窓生の皆様におかれましては宇部高専白鳥寮Facebookで是非とも後輩たちの活躍をご覧ください。また、帰省などの折には白鳥寮にぜひお立ち寄り、近況などお話し頂けますことを寮務部教職員心待ちにしております。今後とも同窓生の皆様からの白鳥寮への温かいご支援を賜れますれば幸せに存じます。

このページを印刷する

ページ上部へ