独立行政法人国立高等専門学校機構 宇部工業高等専門学校

English
目的別

第9回  副校長 日高良和

宇部高専同窓生の皆様へ

宇部工業高等専門学校
副校長 日高良和

 

卒業生の皆さん、こんにちは。平成29年度がスタートして4月4日に入学式、4月5日に始業式が開催されました。入学式では、第56期生新入生と1名の4年次編入学生、2名の留学生(マレーシアから)、そして第21期専攻科新入生が入学を許可されました。これで、本校の学生数は1,027名(女子:289名)、専攻科は25名(女子:3名)となりました。

そして、新任の先生は、中村成芳(一般科(理科)准教授)、小泉卓也(一般科(体育)講師)、野本直樹(物質工学科 助教)、森﨑哲也(機械工学科 准教授)の4名が着任されました。森﨑先生は本校の制御情報工学科4期生です。また、高専間教員人事交流制度によって米子高専の青木薫(物質工学科 教授)が1年間の予定で本校に異動となっています。

卒業式と入学式では、機械工学科9期卒業の小玉明典氏(宇部興機株式会社取締役社長)が地域振興協力会である宇部高専テック&ビジネスコラボレイトの会長として来賓あいさつをされました。森﨑先生も同様ですが、卒業生の方々が母校の教職員や関係団体に携わり、母校の活動の手助けをして頂いている機会がここ数年で増加しているような気がします。

このことは、小玉さんが入学式のあいさつの中で、「みなさんが卒業するまでに宇部高専は創立60周年を迎えます」とおっしゃった時にも感じました。高専教育を受けた人たちが、これだけの時間をかけて育ち、社会で活躍し、そして母校に関わると言う輪ができている。そして、この新入生たちもその輪に入って行くのだと改めて認識させられました。

この輪に感謝して、これからも宇部高専の活動を充実させて行きたいと思います。

このページを印刷する

ページ上部へ