独立行政法人国立高等専門学校機構 宇部工業高等専門学校

English
目的別

宇部市主催「宇部と地球の環境を考えるフォーラム」に本校学生が参加

NEWS

2015.01.17

1月17日(土)、ときわ動物園オープン記念の一環として、ときわ湖水ホールにて開催された“宇部と地球の環境を考えるフォーラム”に、本校学生の中村智景さん(電気工学科2年)、鈴木衣織さん(物質工学科2年)、伊藤佑輝さん(電気工学科4年)、勝田哲弘さん(電気工学科4年)、平山楓さん(電気工学科4年)、吉井直弥さん(電気工学科4年)が参加しました。
久保田宇部市長から「宇部市の環境政策とときわ公園・ときわ動物園の役割」について話しがあった後、東北大学大学院生命科学研究科客員教授の竹本徳子氏による「持続可能な地域社会の実現のために」と題した講演がありました。学生たちは、本校の導入教育で「宇部方式」によるばいじん公害について学んでおり、改めて環境について理解を深めていました。また、「人々の基本的なニーズとは」の問いかけに学生たちは積極的な発言をしていました。ちなみに、人々の基本的なニーズは、生計・安全保障・親愛・理解・参加・意義・休息・創造性・自由の9つとのことです。
株式会社環境ビジネスエージェンシー代表取締役の鈴木敦子氏によるワークショップ「ときわ動物園をどのように生かす?-ときわ動物園・体験学習館モンスタがスタディーツアーの拠点となるために-」では、6つのグループに分かれ、アイデアを付箋に書いて張り付ける方法で議論を行い、発表しました。各グループの発表では、全ての学生たちが発表の場に立ち、動物の里親制度や動物カフェなどユニークな各グループのアイデアを披露しました。学生たちには地域を知り、地域の方々と議論する良い経験となりました。このような機会を与えて頂いた宇部市環境政策課の皆さんに感謝いたします。

20150117_1発表の様子1 20150117_2発表の様子2


このページを印刷する

ページ上部へ