独立行政法人国立高等専門学校機構 宇部工業高等専門学校

English
目的別

宇部高専SEEDS&NEEDSシンポジウム』を開催

NEWS

2011.11.16

平成23年11月16日(水)、宇部高専テック アンド ビジネスコラボレイト(宇部高専T&B:本校地域振興協力会)ならびにキューブサロン(宇部地域情報交換会)との共催で、『宇部高専 SEEDS & NEEDSシンポジウム」を宇部市内のホテル河長で開催しました。本シンポジウムは宇部高専のシーズと地域のニーズに関する情報・意見交換の場として平成19年度から始められたものであり、今年で5年目となります。
本シンポジウムでは、宇部高専教員3名により「どうして頭を強く打つと気を失うんだろう(機械工学科 渡邉大 講師)」、「入炭素材料表面における構造観察(電気工学科 碇智徳 准教授)」、「界面現象を制御する(物質工学科 髙田陽一 講師)」と題した研究シーズの発表がそれぞれ行われる一方、企業経営や実務の観点から、株式会社ウエイヴ 代表取締役社長 藤崎智行氏による「クラウドコンピューティングの端末 iPad,スマートフォンの事例」、有限会社トラステック 代表取締役 吉本秀氏による「クラウドサービスが出てきた理由」と題した講演が行われました。また、同会場で参加教員の研究シーズポスター18件の出展もありました。
シンポジウムには地元企業を中心に、官庁・財団等の職員・コーディネータ、および本校教職員を合わせて49名が出席し、それぞれの講演後や休憩時間には活発な質疑応答が行われ、技術応用の可能性や実用化への課題等について議論が交わされました。
シンポジウム終了後に参加者を対象に行ったアンケートでは、回答者の全員から「とても良い」あるいは「良い」との感想をいただき、その理由として、「若い先生の講義がおもしろかった」、「説明が分かりやすく良かった」などのコメントが寄せられ、盛況のうちに閉会しました。

SONY DSC質疑応答の様子


このページを印刷する

ページ上部へ