独立行政法人国立高等専門学校機構 宇部工業高等専門学校

English
目的別

第17回 副校長 廣原志保

宇部高専同窓生の皆様へ

宇部工業高等専門学校
副校長 廣原志保

 

同窓生のみなさま、こんにちは。

前回のコラムで宇部高専が高専機構より中国四国高専ブロック(第4ブロック)の研究推進モデル校に昇格したことを書かせていただきました。今回のコラムでは、奨励教員の研究内容についてと、本校が新たに高専機構より拝命を受けました、第4ブロック高専研究推進ボード校の取組みについてご紹介させていただきます。

研究奨励教員は、機械工学科、電気工学科、経営情報学科及び一般科(数学)の4名の先生方です。先生方は、「熱流体デバイスへの機能性伝熱面の応用展開」、「分子シミュレーションとその応用」、「サプライサプライチェーンに関する研究と高専の資格教育に関する研究および「高専数学の発展、および分岐被覆に関連する代数幾何学」というテーマで教育・研究に取り組まれ、本校だけでなく他高専や地域企業などへの展開に尽力されています。本校研究推進モデル校の3本の柱とともに尽力していきますので、同窓生のみなさまにはご協力等お願いいたします。

次に、第4ブロック高専研究推進ボード校の取組みについて紹介いたします。

研究推進モデル校は、名前のとおりモデル校になった高専の研究取り組みが他高専のロールモデルになることを目的としているのに対し、研究推進ボード校は、そのブロック内の他高専と連携し、ブロック全体の研究活性化、さらには外部資金獲得の向上に貢献する、ブロック内高専のまとめ役の役割をになう高専になることが目的です。

現在、本校校長のもと総務担当副校長および人事交流で来られた他高専の先生が、第4ブロック内の高専同士の連携研究ができるよう、これまでに本ブロック高専内にある既存研究会の活性化や新規研究会の立ち上げなどのマッチングにご尽力いただいております。これまでに、第4ブロック全高専のご協力を得て「ブロック内の研究会助成事業」と「ブロック内共同研究助成事業」の助成を行い、また12月14日には「国立高専機構第4ブロック研究推進フォーラム」を開催し、本年度の助成を受けた研究会、先生方の成果報告及び次年度の助成応募者の募集を行いました。

このように本校は、現在、地域企業や他高専との積極的な共同研究を展開しているところです。同窓生のみなさま、どうぞ私達への貴重なアドバイスや共同研究をさせて頂けたらと思います。どうぞよろしくお願いたします。

このページを印刷する

ページ上部へ