独立行政法人国立高等専門学校機構 宇部工業高等専門学校

English
目的別

平成26年度入学式式辞

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。

春爛漫の佳き日に、本科新入生206名、本科編入生6名、留学生3名、専攻科新入生31名、あわせて246名の皆さんを宇部工業高等専門学校にお迎えすることができましたこと、教職員一同の大きな慶びであり、心から歓迎いたします。

ご列席の保護者、ご家族の皆様にも心からお慶び申し上げます。また、ご来賓の皆様には、お忙しい中この入学式にご臨席賜り、ありがとうございました。厚くお礼申し上げます。

新入生の皆さんは、宇部高専での生活に胸をふくらませていることと思います。これまで過ごした環境はそれぞれ異なりますが、厳しい勉学の成果が本日の入学につながったわけであり、皆さんの努力に敬意を表します。宇部高専という新たな環境で、有意義な学生生活を送ってください。

本校は、平成24年に創立50周年を迎えました。新入生の皆さんには、7,000名を超える卒業生が築き上げてきた良き伝統を引き継ぎ、発展させ、世界を舞台に活躍できる実践的で創造的な技術者に成長していただきたいと思います。

宇部高専において皆さんが取り組む課題についてお話しします。課題には二種類あります。一つは正解がある課題です。先人たちが発見し導いた、原理や法則がこれにあたります。正解を正しく導く方法を身につけてください。例えて言うならば、入学試験はまさにこのタイプで、正解は一つでした。もう一つは、正解を皆さん自身が導かなければならない課題です。これは技術者や科学者が日々取り組んでいるものでもあります。これら二つの課題は車の両輪のような関係です。両方の課題に挑戦し、探究することで、皆さんは世界に通用する技術者や科学者になることができます。

さて、今年度は3名の留学生が入学されます。遠く祖国を離れラオスとマレーシアから来られた皆さん、宇部での生活を楽しみ、宇部高専の学生や地域の人々と交流を深めるとともに、祖国の発展に貢献できる技術者に成長されることを期待しています。

専攻科の31名の皆さん、皆さんは本科で基礎力を身につけました。専攻科の2年間は、答えを自ら見つけなければならない課題や、答えが複数ある課題に果敢に挑戦してください。その結果は、今日本に求められているイノベーションの創出につながるはずです。また、勉学だけでなく人格向上についても自己研鑽に励み、本科の学生の模範となって、宇部高専をリードしてください。

最後になりますが、保護者の皆様にお願いを申し上げます。

本校では教職員一丸となって、学生諸君の教育に全力を尽くす所存でございますが、ご家庭での見守りや温かい励ましも必要です。保護者の皆様のご支援、ご協力をお願いいたします。

新入生の皆さんがここ宇部高専において、心身ともに充実した学生生活を送られることを心から祈念して、校長の式辞といたします。

平成26年4月2日
宇部工業高等専門学校 校長  三谷 知世

このページを印刷する

ページ上部へ