独立行政法人国立高等専門学校機構 宇部工業高等専門学校

English
目的別

山口東京理科大学のインターンシップ生を受け入れ

NEWS

2012.08.31

8月27日(月)から8月31日(金)までの5日間、山口東京理科大学の学生2人をインターンシップ生として受け入れました。
インターンシップの受け入れはこの8月上旬に続き2回目となり、総務課及び企画連携事務室にそれぞれ1名を受け入れて、各部署で実際に行われている様々な業務を体験していただきました。
以下に、今回の研修を終えてみての感想をいただきましたので紹介させていただきます。
山口東京理科大学 3年 知久 良太さん
今回、自分は企画連携事務室にて業務を行いました。「事務」というと「学生に関わることの仕事」、「デスクワークの多い仕事」の2つを想像していました。ですが実際は、地域や企業との連携を取るといった学校外の方との関わりが多いこと、さらに書庫にある古い図書の整理や、実際に企業を訪問して学校の説明会を行うといったデスクから離れた業務が多いことを知りました。短期間でしたが、事務についてのイメージの変化や「働くことの大変さ」について身をもって感じることが出来る5日間でした。この経験を、自分のこれからの就職活動に生かしていきたいと思います。

20120831_1インターンシップ中の業務の様子 SONY DSC研究の説明を受ける様子

山口東京理科大学 3年 本村 尚未さん
今回、総務の業務を体験させていただき、慣れないことも多く戸惑ったところもありましたが、事務という仕事の面白さについて知ることができました。体験目的としていた、希望職種以外を知ることで興味のあるものを増やし、就職活動における視野を広げるということも、5日間の実習の中で、職員の方々の丁寧な指導と書類整理や作成等の体験を通して達成できたと思います。また、就職活動における課題も見つかり、宇部工業高等専門学校でのインターンシップで得たことは、今後の私にとって大きく、貴重な経験になりました。

参加していただいたお二人には、実際に就労してみた体験を通して感じた様々な事を、これからの勉学や就職活動などの参考にしていただければ幸いです。そして、将来は立派な社会人として活躍されることを願います。
5日間、本当にお疲れ様でした。

SONY DSCインターンシップの終了を記念して


このページを印刷する

ページ上部へ