独立行政法人国立高等専門学校機構 宇部工業高等専門学校

English
目的別

平成23年度前期 「寺子屋づくり」講座修了

NEWS

2011.09.24

宇部高専は、「企業技術者等活用プログラム」の「地域への寺子屋づくり」講座を昨年度に引き続き本年度も平成23年6月に開講しました。本年度は前期と後期の2期に分け、前期は「財務・損益に関する知識」(8回)、後期は「取引&マネージメントに関する知識」(7回)を計画しました。
本講座は、宇部周辺地域の中小企業の活性化・経営基礎の充実を図ることを目的とした勉強会で企業技術者のスキル向上を目指す人材育成教育で、中長期的な展望を描き、次世代の経営者(後継者)や幹部候補者を対象とした人材育成教育講座です。 前期の講座内容は、将来の経営者や幹部としての基礎知識(財務管理、リスクマネージメント、CSR、ISO、コンプライアンス、各種分析手法など)の習得を目的とした講義内容です。なお後期講座は、下請け法、PL法、コンプライアンス、リスクマネージメント、取引基本契約等企業として知っておかなければならない講義内容としています。
このほど、本年6月から隔週の土曜日(午前中)の8回にわたって開催された前期の講座が9月24日で最終講座となり、講座修了後前期の修了式が行われました。受講した10名の受講生全員に本校校長より修了証書が手渡されました。受講生を代表して元永 豊氏よりお礼の言葉が述べられました。

20110924-2_1福政校長(前列左)、村上講師(前列右)、修了生(後列10人)


このページを印刷する

ページ上部へ