独立行政法人国立高等専門学校機構 宇部工業高等専門学校

English Vietnamese
目的別

本科ディプロマ・ポリシー(卒業認定の方針)

本科ディプロマ・ポリシー(卒業認定の方針)

  1.  実践的技術者に必要な科学的基礎知識

    (1) 好奇心と探求心を常にもち、基礎となる数学、物理、化学の知識と理解力を身につけ、論理的なものの見方や考え方ができる。
    (2) 情報リテラシー、基礎的な情報処理技術の知識を習得し、各種データの解析ができる。

  2.  工学的専門先端技術・知識

    (1) 専門分野の基礎を学び、実験結果や簡単な自然現象、工学現象、社会事象を解析できる。

  3.  社会実装に応用・実践できる力

    (1) 専門分野の知識を習得し、物事の立案に役立てることができる。
    (2) 専門分野に関する応用的・先端的技術に触れ、実験技術を十分活用することができる。

  4.  自分の意見を論理的に表現でき、周囲と協調しあうコミュニケーション力と人間力

    (1) 作文、プレゼンテーション、ディベートができる日本語表現力を身につけ、英語による基礎的なコミュニケーションがとれる。
    (2) 周囲との協調・コミュニケーションを通してチームで問題解決を図ることができる。

  5.  リベラルアーツ、国際的素養および生涯にわたって自ら学ぶ力

    (1) 国内外の社会、文化、歴史、政治経済、環境を学び、幅広い教養と倫理を身につけ国際的な視点から物事を理解できる。
    (2) 新しい知識・技術を主体的に習得し、課題に挑戦し続けることができる。


機械工学科

機械工学科は、工業製品の研究開発、設計、生産技術などに係わる実践的技術者を育成します。本校は、以下のような能力を身につけ、所定の単位を修得した学生に対して、卒業を認定します。
  1.  実践的技術者に必要な科学的基礎知識

    (1) 好奇心と探求心を常にもち、基礎となる数学、物理、化学の知識と理解力を身につけ、論理的なものの見方や考え方ができる。
    (2) 情報リテラシー、基礎的な情報処理技術、および情報論理の基礎的な知識を習得し、各種データの解析ができる。

  2.  工学的専門基盤知識

    (1) 専門分野の基礎を学び、実験結果や簡単な自然現象、工学現象、社会事象を解析できる。
    (2) 専門分野における力学系コア科目を習得している。

  3.  社会実装に応用・実践できる力

    (1) 専門分野の知識を習得し、物事の立案に役立てることができる。
    (2) 専門分野に関する応用的・先端的技術に触れ、実験技術を十分活用することができる。

  4.  自分の意見を論理的に表現でき、周囲と協調しあうコミュニケーション力と人間力

    (1) 作文、プレゼンテーション、ディベートができる日本語表現力を身につけ、英語による基礎的なコミュニケーションがとれる。
    (2) 周囲との協調・コミュニケーションを通してチームで問題解決を図ることができる。

  5.  リベラルアーツ、国際的素養および生涯にわたって自ら学ぶ力

    (1) 国内外の社会、文化、歴史、政治経済、環境を学び、幅広い教養と倫理を身につけ国際的な視点から物事を理解できる。
    (2) 新しい知識・技術を主体的に習得し、課題に挑戦し続けることができる。


電気工学科

電気工学科は、電力、電子・制御、情報・通信などの分野の実践的電気技術者を育成します。本校は、以下のような能力を身につけ、所定の単位を修得した学生に対して、卒業を認定します。
  1.  実践的技術者に必要な科学的基礎知識

    (1) 好奇心と探求心を常にもち、基礎となる数学、物理、化学の知識と理解力を身につけ、論理的なものの見方や考え方ができる。
    (2) 情報リテラシー、基礎的な情報処理技術、および情報論理の基礎的な知識を習得し、各種データの解析ができる。

  2.  工学的専門基盤知識

    (1) 専門分野の基礎を学び、実験結果や簡単な自然現象、工学現象、社会事象を解析できる。

  3.  社会実装に応用・実践できる力

    (1) 専門分野の知識を習得し、物事の立案に役立てることができる。
    (2) 専門分野に関する応用的・先端的技術に触れ、実験技術を十分活用することができる。

  4.  自分の意見を論理的に表現でき、周囲と協調しあうコミュニケーション力と人間力

    (1) 作文、プレゼンテーション、ディベートができる日本語表現力を身につけ、英語による基礎的なコミュニケーションがとれる。
    (2) 周囲との協調・コミュニケーションを通してチームで問題解決を図ることができる。

  5.  リベラルアーツ、国際的素養および生涯にわたって自ら学ぶ力

    (1) 国内外の社会、文化、歴史、政治経済、環境を学び、幅広い教養と倫理を身につけ国際的な視点から物事を理解できる。
    (2) 新しい知識・技術を主体的に習得し、課題に挑戦し続けることができる。


制御情報工学科

制御情報工学科は、情報通信技術を駆使し、ロボットなどの制御システムを構築できる実践的情報技術者を育成します。本校は、以下のような能力を身につけ、所定の単位を修得した学生に対して、卒業を認定します。
  1.  実践的技術者に必要な科学的基礎知識

    (1) 好奇心と探求心を常にもち、基礎となる数学、物理、化学の知識と理解力を身につけ、論理的なものの見方や考え方ができる。
    (2) 情報リテラシー、プログラミングを含む基礎的な情報処理技術の知識を習得し、各種データを解析できる。

  2.  工学的専門基盤知識

    (1) 専門分野の基礎を学び、実験結果や簡単な自然現象、工学現象、社会事象を解析できる。
    (2) 専門分野における情報系コア科目とシステム系コア科目を習得している。

  3.  社会実装に応用・実践できる力

    (1) 計測工学、制御工学、システム設計などシステム開発に関する知識や技術を習得し、情報技術を含めて物事の立案に役立てることができる。
    (2) 専門分野に関する応用的・先端的技術に触れ、実験技術を十分活用することができる。

  4.  自分の意見を論理的に表現でき、周囲と協調しあうコミュニケーション力と人間力

    (1) 作文、プレゼンテーション、ディベートができる日本語表現力を身につけ、英語による基礎的なコミュニケーションがとれる。
    (2) 周囲との協調・コミュニケーションを通してチームで問題解決を図ることができる。

  5.  リベラルアーツ、国際的素養および生涯にわたって自ら学ぶ力

    (1) 国内外の社会、文化、歴史、政治経済、環境を学び、幅広い教養と倫理を身につけ国際的な視点から物事を理解できる。
    (2) 新しい知識・技術を主体的に習得し、課題に挑戦し続けることができる。


物質工学科

物質工学科は、化学工業または生物工業における開発、生産などに係わる実践的技術者を育成します。本校は、以下のような能力を身につけ、所定の単位を修得した学生に対して、卒業を認定します。
  1.  実践的技術者に必要な科学的基礎知識

    (1) 好奇心と探求心を常にもち、基礎となる数学、物理、化学の知識と理解力を身につけ、論理的なものの見方や考え方ができる。
    (2) 情報リテラシー、基礎的な情報処理技術、および情報論理の基礎的な知識を習得し、各種データの解析ができる。

  2.  工学的専門基盤知識

    (1) 化学、生物、専門分野の基礎を学び、実験結果や簡単な自然現象、工学現象、社会事象を解析できる。

  3.  社会実装に応用・実践できる力

    (1) 専門分野の知識を習得し、物事の立案に役立てることができる。
    (2) 専門分野に関する応用的・先端的技術に触れ、実験技術を十分活用することができる。

  4.  自分の意見を論理的に表現でき、周囲と協調しあうコミュニケーション力と人間力

    (1) 作文、プレゼンテーション、ディベートができる日本語表現力を身につけ、英語による基礎的なコミュニケーションがとれる。
    (2) 周囲との協調・コミュニケーションを通してチームで問題解決を図ることができる。 

  5.  リベラルアーツ、国際的素養および生涯にわたって自ら学ぶ力

    (1) 国内外の社会、文化、歴史、政治経済、環境を学び、幅広い教養と倫理を身につけ国際的な視点から物事を理解できる。
    (2) 新しい知識・技術を主体的に習得し、課題に挑戦し続けることができる。


経営情報学科

経営情報学科は、経済社会と情報技術の発展に対応し得る実践的知識と技術を有するビジネスパーソンを育成します。本校は、以下のような能力を身につけ、所定の単位を修得した学生に対して、卒業を認定します。
  1.  実践的なビジネスパーソンに必要な科学的基礎知識

    (1) 好奇心と探求心を常にもち、基礎となる数学、社会科学の知識を身につけ、論理的なものの見方や考え方ができる。
    (2) 情報リテラシー、基礎的な情報処理技術の知識を習得し、各種データの解析ができる。

  2.  ビジネス分野の専門基盤知識

    (1) 簿記・会計の基礎を学び、企業の資金の流れを論理的に理解できる。
    (2) プログラミングや情報システムの基本が理解できる。
    (3) 数理統計や経営学の基礎を学び、社会事象を分析できる。

  3.  社会実装に応用・実践できる力

    (1) 専門分野の知識を習得し、物事の立案に役立てることができる。
    (2) 専門分野に関する応用的・先端的技術に触れ、物事の実現に必要な事項が理解できる。

  4.  自分の意見を論理的に表現でき、周囲と協調しあうコミュニケーション力と人間力

    (1) 作文、プレゼンテーション、ディベートができる日本語表現力を身につけ、英語による基礎的なコミュニケーションがとれる。
    (2) 周囲との協調・コミュニケーションを通してチームで問題解決を図ることができる。

  5.  リベラルアーツ、国際的素養および生涯にわたって自ら学ぶ力

    (1) 国内外の社会、文化、歴史、政治経済、環境を学び、幅広い教養と倫理を身につけ国際的な視点から物事を理解できる。
    (2) 新しい知識・技術を主体的に習得し、課題に挑戦し続けることができる。


このページを印刷する

ページ上部へ