独立行政法人国立高等専門学校機構 宇部工業高等専門学校

English Vietnamese
目的別

専攻科ディプロマポリシー(修了認定の方針)

専攻科ディプロマ・ポリシー(修了認定の方針)

  1. 実践的技術者に必要な高度な科学的知識

    (1) 好奇心と探求心を常にもち、高度な数学や自然科学、経済・経営に関する知識を習得し、自然現象や社会事象が理解できる。
    (2) 情報処理技術を習得し、情報技術を駆使できる。

  2. 工学的専門先端技術・知識

    (1) 専門分野の応用的・先端的技術・知識に加えて、専門分野以外の知識や技術を習得し、自然現象、工学現象、社会事象を総合的に捉え解析できる。

  3.  “もの”をデザインできる力

    (1) 自分の専門分野だけでなく他分野も理解できる幅広い知識をもち、具体的に“もの”をデザインできる。
    (2) 工学に関する基礎的な技術や知識、さらに専門分野に関する応用的・先端的技術・知識を総合し、問題を解決し具体的な“もの”を実現できる。

  4.  自分の意見を論理的に表現でき、周囲と協調しあうコミュニケーション力と人間力

    (1) プレゼンテーション能力を身につけ、学会で研究発表できる。
    (2) 周囲との協調・コミュニケーションを通してチームで問題解決を図ることができる。

  5.  リベラルアーツ、国際的素養および生涯にわたって自ら学ぶ力

    (1) 技術者としての社会的責任や、技術が自然や社会に与える影響を理解し、幅広い見地の下で物事を理解し、適切な判断ができる。
    (2) 社会の仕組みや実務問題を理解し、総合的能力を有する開発型技術者・研究者に必要な能力を習得するために継続的に努力できる。


生産システム工学専攻

生産システム工学専攻は、先端工学技術の発展に対応し得る知識を有し、独創的で解析力に優れた技術者を育成します。本校は、以下のような能力を身につけ、所定の単位を修得した学生に対して、修了を認定します。
  1.  実践的技術者に必要な高度な科学的知識

    (1) 好奇心と探究心を常にもち、高度な数学、物理学、化学の知識を習得し、自然現象が理解できる。
    (2) 情報処理技術を習得し、情報技術を駆使できる。

  2.  工学的専門先端技術・知識

    (1) 専門分野の応用的・先端的技術・知識に加えて、専門分野以外の実験技術を習得し、自然現象、工学現象、社会事象を総合的に捉え解析できる。

  3.  “もの”をデザインできる力

    (1) 自分の専門分野だけでなく他分野も理解できる幅広い知識をもち、具体的に“もの”をデザインできる。
    (2) 工学に関する基礎的な技術や知識、さらに専門分野に関する応用的・先端的技術・知識を総合し、問題を解決し具体的な“もの”を実現できる。

  4.  自分の意見を論理的に表現でき、周囲と協調しあうコミュニケーション力と人間力

    (1) プレゼンテーション能力を身につけ、学会で研究発表できる。
    (2) 周囲との協調・コミュニケーションを通してチームで問題解決を図ることができる。

  5.  リベラルアーツ、国際的素養および生涯にわたって自ら学ぶ力

    (1) 技術者としての社会的責任や、技術が自然や社会に与える影響を理解し、幅広い見地の下で物事を理解し、適切な判断ができる。
    (2) 社会の仕組みや実務問題を理解し、総合的能力を有する開発型技術者・研究者に必要な能力を習得するために継続的に努力できる。


物質工学専攻

物質工学専攻は、物質変換、エネルギー変換技術、バイオテクノロジーおよび環境保全の発展に対応し得る高度な知識と技術を有する技術者を育成します。本校は、以下のような能力を身につけ、所定の単位を修得した学生に対して、修了を認定します。
  1.  実践的技術者に必要な高度な科学的知識

    (1) 好奇心と探究心を常にもち、高度な数学や物理学などの知識を習得し、自然現象が理解できる
    (2) 情報処理技術を習得し、情報技術を駆使できる。

  2.  工学的専門先端技術・知識

    (1) 専門分野の応用的・先端的技術・知識に加えて、応用化学と生物工学の実験技術を習得し、自然現象、工学現象、社会事象を総合的に捉え解析できる。

  3.  “もの”をデザインできる力

    (1) 自分の専門分野だけでなく他分野も理解できる幅広い知識をもち、具体的に“もの”をデザインできる。
    (2) 応用化学と生物工学の基礎的な技術や知識、さらに専門分野に関する応用的・先端的技術・知識を総合し、問題を解決し具体的な“もの”を実現できる。

  4.  自分の意見を論理的に表現でき、周囲と協調しあうコミュニケーション力と人間力

    (1) プレゼンテーション能力を身につけ、学会で研究発表できる。
    (2) 周囲との協調・コミュニケーションを通してチームで問題解決を図ることができる。

  5.  リベラルアーツ、国際的素養および生涯にわたって自ら学ぶ力

    (1) 技術者としての社会的責任や、技術が自然や社会に与える影響を理解し、幅広い見地の下で物事を理解し、適切な判断ができる。
    (2) 社会の仕組みや実務問題を理解し、総合的能力を有する開発型技術者・研究者に必要な能力を習得するために継続的に努力できる。


経営情報工学専攻

経営情報工学専攻は、経済社会と情報技術の発展に対応し得る高度な知識と技術を有するビジネスパーソンを育成します。本校は、以下のような能力を身につけ、所定の単位を修得した学生に対して、修了を認定します。
  1.  実践的なビジネスパーソンに必要な高度な科学的知識

    (1) 好奇心と探究心を常にもち、高度な数学や経済・経営に関する知識を習得し、社会事象が理解できる。
    (2) 情報処理技術を習得し、情報技術を駆使できる。

  2.  ビジネス分野の専門先端技術・知識

    (1) 専門分野の応用的・先端的技術・知識に加えて、専門分野以外の知識・技術を習得し、自然現象や社会事象を総合的に捉え解析できる。

  3.  “もの”をデザインできる力

    (1) 自分の専門分野だけでなく他分野も理解できる幅広い知識をもち、具体的に“もの”をデザインできる。
    (2) 数理統計に関する基礎的な技術や知識、さらに専門分野に関する応用的・先端的技術・知識を総合し、問題を解決し具体的な“もの”を実現できる。

  4.  自分の意見を論理的に表現でき、周囲と協調しあうコミュニケーション力と人間力

    (1) プレゼンテーション能力を身につけ、学会で研究発表できる。
    (2) コミュニケーションがとれる英語力を習得している。
    (3) 周囲との協調・コミュニケーションを通してチームで問題解決を図ることができる。

  5.  リベラルアーツ、国際的素養および生涯にわたって自ら学ぶ力

    (1) ビジネスパーソンとしての社会的責任や、技術が自然や社会に与える影響を理解し、幅広い見地の下で物事を理解し、適切な判断ができる。
    (2) 社会の仕組みや実務問題を理解し、総合的能力を有するビジネスパーソンに必要な能力を習得するために継続的に努力できる。


このページを印刷する

ページ上部へ