独立行政法人国立高等専門学校機構 宇部工業高等専門学校

English
目的別

「経営情報工学」教育プログラムの学習・教育到達目標

Learning and Educational Goals

創造力をそなえた技術者をめざすために

(A)好奇心と探求心を常にもち、新しい「もの」の創造・開発に向けて粘り強く努力を継続できる持続力を身につけること。(好奇心と持続力)

  1. 自然科学に関する基礎知識を持ち、自然現象を理解できること。
  2. 社会の仕組みを理解し、実務問題に興味を持ち、それに対応できること。
  3. 自主的に新しい知識と技術を習得し、問題解決のために継続的に学習できること。

(B)情報技術をあらゆる場面に応用できる能力を身につけること。(情報技術)

  1. コンピュータリテラシーを習得し、情報収集、データ解析やプレゼンテーションなどに応用できること。
  2. 情報技術をものづくりに応用できること。

(C)幅広い知識や技術を集約して、新しい「もの」を立案できる能力を身につけること。(立案能力)

  1. 経営、情報、数理の基礎知識を習得し、設計に関する基本的概念を理解し、説明できること。
  2. 経営に関する専門分野の新しい知識と技術を理解し、説明できること。
  3. 経営、情報、数理のいずれかの専門分野を柱としつつ、他分野の知識と技術を取り入れ、新しい「もの」を設計できること。
  4. 知的財産に関する基礎知識をもち、既存の特許等の調査ができること。

「もの」づくりを得意とする技術者をめざすために

(D)社会の要求に応じて「もの」を実現できる能力を身につけること。(実現能力)

  1. 情報に関する専門分野の知識と技術を理解・説明し、応用できること。
  2. 経営、情報、数理に関する知識と技術を集約して、設計した「もの」を実現できること。
  3. 定められた条件のもとで問題解決のための計画を自ら推進し、その成果をまとめることができること。
  4. 協力して、問題解決のためのチームを運営できること。

(E)現象を論理的に理解し、解析できる能力を身につけること。(解析能力)

  1. 微分方程式、線形代数などの数学およびデータ解析などの基礎工学を用いて、対象とする経済現象と自然現象を論理的に解析できること。
  2. 数理に関する専門知識と技術を用いて、企業経営の諸問題を解析できること。

人間性豊かな技術者をめざすために

(F)社会的責任をもち、技術が人類や環境に与える影響を考慮できること。(環境と技術者倫理)

  1. 技術者としての社会的責任を理解し、人道的立場から適切な判断ができること。
  2. 技術が自然環境や人間社会に及ぼす影響を理解し、説明できること。
  3. さまざまな文化や歴史に触れることを通じて、価値観や福祉に関する多様な考え方を理解し、説明できること。
  4. 自分や自国の視点のみならず、他者や他国の立場を視野に入れた幅広い見地のもとで物事を考慮できること。

(G)的確な表現力とコミュニケーション力を身につけること。(コミュニケーション能力)

  1. 日本語による表現力、コミュニケーション力を身につけ、研究内容を論理的にまとめて発表ができること。
  2. 国際語としての英語の読み書きに関する基礎能力を持ち、会話ができること。

このページを印刷する

ページ上部へ