独立行政法人国立高等専門学校機構 宇部工業高等専門学校

English
目的別

大道 周平さん

shuhei omichi

大道 周平さん


株式会社シマノ

平成28年3月 電気工学科 卒業

ものを作るための機械を制御する

現在の仕事の紹介、仕事のやりがい

special_obog01_02

現場でソフトの確認をしています。

シマノは「人と自然のふれあいの中で、新しい価値を創造し、健康とよろこびに貢献する」という理念の下で、自転車部品、釣具などの開発・製造・販売を行う会社です。
現在、私は生産技術部の電気係に所属し、主に生産設備の回路設計からプログラム作成までの一連の流れに関わっています。
具体的には、生産設備を動かすための産業用コンピュータ制御機器の制御盤や機器同士を接続するための電気回路図の設計、そしてそれら図面をもとに行う設備の製造や実際の動作確認業務を担当しています。自分が設計したものが形になり、設備が思い通りに動くことにやりがいと楽しさを感じています。

今の仕事に就きたいと思った理由

special_obog01_02

海外の生産拠点で働くチームシマノメンバーと。世界中に同じ理念の下、働く仲間がいることを肌で実感しました。(大道さん:写真左)

私が就職活動をした年は、企業の採用活動・スケジュールに大きな変化があり、状況が不透明だったため、進路の選択に悩みました。そんなときにラグビー部OBの人にシマノを紹介して頂き、高専で自分が学んだ電気の知識を活かした仕事ができると確信し、志望しました。
入社後は、仕事はもちろん、休日は同期と出かけたり、先輩とサイクリングやゴルフに行ったり、公私ともにとても充実した日々を送ることができています。このように楽しい日々を過ごせるのは、宇部高専でのたくさんの人との出会いがあり、そのおかげで今の仕事に出会えたからだと思います。


宇部高専への進学を決めたきっかけ

幼い頃から「電気」に強く興味があり、理科や技術の授業が好きでした。オープンキャンパスで宇部高専を訪問し、他校と比較して早くから専門的知識を学べることは中学生の私にとってとても魅力的に映りました。
また卒業後に進学や大学編入など幅広い選択肢があることに惹かれ、宇部高専を受験しました。


宇部高専で学んだことが今に活きていること

special_obog01_02

日々働いている工場の前にて。ここでつくった製品が全世界に届けられます。

在学中に学んだことは全て今の私に活きていると思います。日々の業務で専門教科の知識はもちろん、統計や数学なども使っています。
学生時代は一つ一つの教科の重要性を感じることは少なく、苦手な教科に対してはモチベーションも高くありませんでした。しかし仕事をする上で学習したことを使う場面に直面して、重要性を再認識しました。学生時代に使用していた教科書は、現在も自宅にあり、仕事のヒントを得るために時折活用しています。
また卒業研究も大いに役立っています。私は、モーターの磁気特性を測定する回路の研究を行いました。研究はなかなか思うようにいかず、指導教員の先生にいろいろ助言を頂きながら研究を進めました。研究で学んだ問題解決のためのアプローチの方法や思考は、仕事における問題解決に通じていると感じます。


学生生活

special_obog01_04

全国大会出場時の試合風景。緑ジャージ中央でボールをキャッチしているのが私です。

5年間の高専生活の全てといっても過言ではないのが、クラブ活動です。高専入学当初それまでと違ったことをしたいと考えていた私は、新入部員が未経験者ばかりのラグビー部を選びました。毎日の練習に加えて合宿もあり、とてもハードでしたが、それ以上に貴重な経験をさせていただき、自分にとって大きな成長の場となりました。
特に思い出に残っているのが、在部中4回出場した全国大会です。このような素晴らしい経験をさせていただいたチームの先輩や仲間、後輩、そしてコーチやOBの方々、先生方には感謝しています。
また5年次には副キャプテンを務め、練習スケジュールの考案といったチーム内の仕事をするだけでなく、OB、コーチ、他校の監督といった様々な立場の方と関わる機会が多くありました。これらの経験は、現在仕事の段取りを組んだり社内外の多くの方と仕事をしたりする上でとても活かされています。


未来の後輩たちに向けてのメッセージ

special_obog01_02

卒業式でのラグビー部の仲間との写真。

将来の自分を描くための5年間にしてほしいと思います。宇部高専は自分のやりたいことが出来る自由さが魅力です。その「自由」を活かして高専生活の中で様々なことを経験されることをおすすめします。それは学業、クラブ活動に限らずアルバイト、ボランティアなどどんなことでもいいと思います。一生懸命物事に取り組む中で、成功することもあれば失敗することもあるかもしれません。しかし一生懸命取り組んだ経験は将来の自分にとって大きな財産になるはずです。
また学生時代の経験から自分が将来何をしたいのか考えたり、やりたいことが明確な方はその夢の実現に向けて必要なことに取り組んだり、自分とじっくり向き合う時間にされると良いのではないでしょうか。
宇部高専は自分次第でどんなことにも挑戦できる学校だと思います。学生生活を通して将来の素敵な自分を描かれてください。


現在までの経歴

2011年 宇部市立 楠中学校 卒業
2011年 宇部工業高等専門学校 電気工学科 入学
2016年 宇部工業高等専門学校 電気工学科 卒業
2016年 株式会社シマノ 入社
2017年 (現在) 株式会社シマノ 生産技術本部 生産技術部 生産技術二課 電気係 所属

このページを印刷する

ページ上部へ