独立行政法人国立高等専門学校機構 宇部工業高等専門学校

English
目的別

宇部税務署による租税教室を開催

NEWS

2015.01.26

1月26日(月)、本校経営情報学科3年生を対象に、宇部税務署個人課税第一部門・総括国税調査官の高橋宏氏を講師に迎え、ホームルームで租税教室を開催しました。本教室は、税金の必要性や税金の種類について理解を深めることを目的としています。
まず、税金の必要性と現在の日本の財政について、身近な事例として、救急車やドクターヘリなどの購入費用や維持費用などに税金が使われていること等を挙げて、学生への質問等を交えながらお話をしていただきました。
次に、税金の種類や仕組みについて、「直接税と間接税」、「源泉徴収制度と申告納税制度」を例に挙げて、それぞれの違いを説明していただきました。
最後に税務署では、正しく所得を申告して納税がきちんとされていて、脱税が起こっていないか等の調査等を行い、納税者の自発的な納税義務の履行が適正かつ円滑に実現するよう努めている等、税務署の仕事についてお話をしていただきました。
近い将来納税者となる学生にとって、この租税教室は、税金の種類や仕組み、また税金がどのように使われているのかを知ることが出来た非常に有意義なものとなりました。


このページを印刷する

ページ上部へ