独立行政法人国立高等専門学校機構 宇部工業高等専門学校

English Vietnamese
目的別

下関ライオンズクラブと日台学生の国際交流に関して連携協定を結びました

NEWS

2019.03.06

2019年2月27日(水)、宇部高専と下関ライオンズクラブは、宇部高専校長室にて協定調印式を行い、日本と台湾の学生の国際交流活動において相互に協力することを目的に協定を締結しました。
調印式では、協定締結を前に、宇部高専の三谷知世校長と下関ライオンズクラブの田中秀幸会長とが、今後の協力関係についての抱負や協定締結の御礼が述べられました。その後、連携協定書へ調印を行い、協定が締結されました。

20190227_1

調印後、協定書を披露する田中会長と三谷校長(前列左から)
後列左から、下関LC松岡寿一郎氏、同 澤辰水氏、畑村学留学交流室長、大西由喜男事務部長

下関ライオンズクラブは、宇部高専が毎年短期留学生として受け入れている台湾国立聯合大学の学生を、隔年で交換学生として日本に招待しています。こうした活動は、下関ライオンズクラブが、聯合大学のある苗栗のライオンズクラブと30年来の姉妹クラブの関係にあることから行われているものです。これまでは下関ライオンズクラブが交換学生として台湾に派遣する学生は、下関にある大学の学生に限られていました。しかし、宇部高専生の2割弱が下関出身者であることから、そうした学生もサポートの対象にしていただけることになりました。

20190227_3

今後の協力関係について意見交換を行う出席者

20190227_2

下関ライオンズクラブが聯合大学に4年前に贈呈した桜の様子を説明する畑村室長。贈呈後、桜は今年初めて開花した

また、現在宇部高専で6~7月に短期留学生として受け入れている台湾協定校の学生に対しても、今後は苗栗・下関ライオンズクラブの交換学生として受け入れていく計画です。

20190227_4

今後の活発な交流を誓う田中会長と三谷校長


このページを印刷する

ページ上部へ