独立行政法人国立高等専門学校機構 宇部工業高等専門学校

English Vietnamese
目的別

宇部高専SA主催で、西出大介さんの講演会を実施しました

NEWS

2019.06.10

6月4日(火)放課後、学生会館2階ラーニングコモンズ1にて、Sun*(サンアスタリスク)のフィリピンブランチのマネージャー西出大介さんによる講演会「海外×ITで働く視線から考える未来とは?」「高専生が日本の”救世主”になれる可能生」を、本校SA(学生大使。Student Ambassador の略称)主催で実施しました。
Sun*とは5ヶ国、7都市にて1300名以上が在籍するデジタルクリエイティブスタジオであり、また英語圏開発チームとテックスクールAwesome Ars Academiaを運営しています。

20190604_1

講演会の様子①

西出氏は、普段フィリピン・セブ島で世界のIT業界の先端を先駆けている方で、事業だけではなくフィリピンやベトナムを中心としてテクノロジー教育も行っており、年間1000人以上の学生を教育しています。日本人に対してもテックスクールAwesome Ars Academiaを運営しています。

講演会ではテクノロジーを中心としたこれからの世界の姿と、その中での日本の姿、それを踏まえた高専生の姿について説明がありました。テクノロジーについては、それが「どのような技術なのか」だけでなく、それを「どのように活かすことができるのか、その技術を使うと具体的にどのような世界があるのか」まで詳しく話していただきました。

20190604_2

熱く学生たちに語りかける西出さん

20190604_3

講演会の様子②

その他、海外で働いているからこそ感じ知ることができる、海外にいないとわからない貴重な意見も聞くことができました。
講演会の後にはコールズカフェにて座談会が行われ、軽食を片手に参加者と講演者がより近い距離で質問したり、トークをしたりしました。

今回の講演会は、学内の国際交流活動を推進する学生組織であるSAの活動として実施しました。今後もSAの自主活動としてこうした講演会を実施する予定です。

西出大介さんコメント

海外からの留学生が年間を通じて30名も居る環境で、日本に居ながら積極的に海外の人と関わったり、自ら海外にも出ていったり、タイミングを見ては東京に出たりと、アクティブに活動をしている10代半ばの人がたくさんいることを知り、非常に心強く思いました。
ワクワクする未来が今後生まれていく中で、高専に通学しているみなさんが「眼の前の活動をきちんと楽しむこと」を大切にしながら、「世界に視野を向けていく」ということを、継続的にやっていってくれると嬉しいなと思います。 また、僕にとっても知らないことを学べる時間でもありました。
年齢や世代、立場を超えて学び合えることは常にあると思っています。世代や立場を超えて刺激し合いながら、ワクワクする未来を見据えて今後も何か一緒にやれると嬉しいです!
また世界のどこかで会いましょう!

asaba20180329


このページを印刷する

ページ上部へ