独立行政法人国立高等専門学校機構 宇部工業高等専門学校

English
目的別

『第12回全国高専テクノフォーラムin札幌』に参加

NEWS

2014.08.21

8月21日(木)、「未来を築く力」をテーマとして、全国51高専が一同に集う『第12回全国高専テクノフォーラム』が札幌コンベンションセンターで開催され、本校から三谷校長、藤田地域共同テクノセンター長、廣原准教授(物質)、道本講師(一般・英語)、品川教育コーディネーターの5名が参加しました。
小畑高専機構理事長の挨拶の後、2010年ノーベル化学賞を受賞された鈴木章先生から「科学の重要性」と題した特別講演及び会場との討論がありました。本校の道本講師が質問者に選抜されて登壇し、鈴木先生が化学者の道を志す契機となった2冊の英文原書について質問をしました。また、鶴雅グループの大西雅之社長より「観光を軸とした地域振興」と題した基調講演があり、【イ・ラム・カラプ・テ】(アイヌ語で「こんにちは」の意)をスローガンとして道内の各観光地と連携して北海道観光産業のイノベーションを推進しているとのお話しがありました。
引き続き、2つのカテゴリー(「ものづくり系」、「物質・生物系」)に分かれて多くの産学連携活動事例の報告があり、また、「グローバル化を見据えた未来を築く力」をテーマとして6名のパネリストによるパネルディスカッションが行われました。これらに共通するこれからの課題は、
(1)研究活動:異分野の研究者を巻き込んだネットワーク化の推進
(2)質の高い学生の取込と質の高い教育環境の実現
(3)地域企業連携活動:地域中小企業に対して敷居を低くする取組み
であり、これらに先進的に取り組んでいる高専もあるため、その活動をいかに全国51高専で共有するかが重要と感じられました。
締め括りのフォーラム共同宣言の後、最後の情報交換会まで活発な意見・情報交換が行われ、「未来を築く力」を予感させるテーマにふさわしいフォーラムでした。

20140821_1メイン会場の様子 20140821_2鈴木先生の特別講演
20140821_3パネル展示会場の様子 20140821_4フォーラム共同宣言


このページを印刷する

ページ上部へ