独立行政法人国立高等専門学校機構 宇部工業高等専門学校

English
目的別

宇部高専T&B交流見学会を開催

NEWS

2014.01.23

宇部高専T&Bは、平成26年1月23日(木)に交流見学会を開催しました。金重T&B会長、福政校長など参加者11名が、マツダ防府工場とブリヂストン防府工場を見学しました。
マツダ防府工場は日本生産拠点として、アメリカ、オーストラリア等に輸出するアテンザ、アクセラをお客様の注文に応じ生産計画し、計画順序どおりに生産しています。多車種混流・モジュール生産システムにより品質と生産性を高めるとともに、中塗り塗装と上塗り塗装を一度に行う3ウエットオン工法を採用し、人と環境にやさしい塗装ラインを実現していました。
ブリヂストン防府工場は乗用車用タイヤと建設・鉱山車用両用タイヤを生産しています。工場内の現場を見学することから、事前に安全に関する注意事項の説明と確認の個人チェックシートがありました。タイヤができるまでのゴム練り、トレッド押出、成型、加硫などの主な工程を見学しました。サイド部、スチールベルト、トレッドを貼りつける生タイヤの成型は技術者が行っており、その後、生タイヤに熱と圧力を加えて私たちが使用する溝のあるタイヤになります。最後の検査工程では、タイヤの過酷な使用条件を想定し、人の目と機器計測による安全性、耐久性などの最終確認を行っていました。
今回見学した2つの工場はグローバル企業として事業を世界展開しています。高品質、高効率に加えて、人と環境にやさしい工場づくり、さらに、地域社会の一員として、地元の防府まつりの参加、スポーツ大会の開催、エコ対策等にも取り組まれており、T&Bの交流見学会にも丁寧に対応していただきました。「地域に役立つ宇部高専」をめざす本校にとって、大変参考になる工場見学会となりました。

20140123b_1マツダ株式会社 防府工場 20140123b_2株式会社ブリヂストン 防府工場


このページを印刷する

ページ上部へ