独立行政法人国立高等専門学校機構 宇部工業高等専門学校

English
目的別

平成25年度「宇部高専SEEDS & NEEDS シンポジウム」を開催

NEWS

2013.11.20

平成25年11月20日(水)、「宇部高専SEEDS&NEEDSシンポジウム2013」を宇部高専テックアンドビジネスコラボレイト(宇部高専T&B:地域振興協力会)及びキューブサロン(宇部地域情報交換会)との共催により、ホテル河長において開催しました。本シンポジウムは本校教員の研究(シーズ)や企業の技術開発等(ニーズ)についての講演を通して、情報と意見交換を行い、地域社会への連携促進を目的としています。
今年度は、2分野のテーマに注目して「エネルギー・環境」と「計測」に係わる内容について、宇部高専教員3名によるシーズ発表「太陽光発電システムの発電効率を高めるリレー開発」(機械工学科 南野郁夫教授)、「サーバ室空調の省エネ化」(電気工学科 岡本昌幸准教授)、「マイクロ波・ミリ波を用いた非接触センシング」(制御情報工学科 伊藤直樹助教)と2件のニーズ発表「長州産業の紹介と技術維新~開発技術紹介~」(長州産業株式会社 山崎敏晴氏)、「省エネを支える岩通計測のパワーエレクトロニクス計測」(岩通計測株式会社 斉藤弘幸氏)のご講演を頂きました。
シンポジウムには地元企業を中心に大学等の方々および本校教職員を併せて57名が出席し、各講演において活発な質疑応答がなされました。報告会で回収したアンケート結果については、回答者の全員から「とても良い」もしくは「良い」との感想を頂きました。また、「研究開発を知る機会として貴重であった」や「テーマが統一されており分かりやすかった」などのコメントも寄せられ、好評でした。

20131120b_1開会挨拶(福政校長) 20131120b_2ニーズ発表の様子
20131120b_3シーズ発表の様子 20131120b_4質疑応答の様子


このページを印刷する

ページ上部へ