独立行政法人国立高等専門学校機構 宇部工業高等専門学校

English
目的別

宇部高専市民文化サロン『くずし字で読む古典』を開催しました

NEWS

2018.11.28

平成30年10月20日(土)、11月17日(土)の2回にわたり、宇部高専図書館棟2Fマルチメディア学習室において、宇部高専市民文化サロンを開催しました。本事業は、人文科学や社会科学、自然科学にわたる幅広い学術分野について一般市民の方々に分かりやすく紹介し、自由な意見交換等を通じて受講者の教養を高めることを目的としたものです。

この市民文化サロンは、一般科の赤迫照子准教授が『くずし字で読む古典』と題し、くずし字(平仮名)の読解を通して、日本古典文学および日本文化への理解を深めることを目的として、毎年開催しているものです。第1回は“『水に住むいきもの』が登場する作品を味わう”、第2回は“『人と暮らすいきもの』が登場する作品を味わう”と題した全2テーマで行われました。

参加者は講師の話に熱心に耳を傾けていました。初めて参加される方にも講義内容をわかりやすく説明されており、講義終了後には個別で質問をされる方も多くいらっしゃいました。

20181020-1117_1

講義の様子①

20181020-1117_2

講義の様子②

受講後のアンケートでは、「楽しく古い時代のことも知れ、新しい世界が開けるような感じがした。」や「このように楽しく有意義な講義を開いてくださり感謝いたします。」など、多くの感想をいただきました。 今後も宇部高専地域共同テクノセンターは、市民文化サロンを通じて、工学系分野のみならず、幅広い分野においての地域貢献活動を行っていきたいと考えております。


このページを印刷する

ページ上部へ