独立行政法人国立高等専門学校機構 宇部工業高等専門学校

English Vietnamese
目的別

第5回グローバルエンジニア講演会をオンラインで開催しました

NEWS

2021.12.20

令和3年12月7日(火)に、第5回グローバルエンジニア講演会「いきたい場所に、仕事をつくる。高専生の僕が聴いたら驚くだろう、考えもしなかった未来のつくりかた。」をオンラインで実施しました。

この講演は、グローバルエンジニア育成事業「国際コミュニケーションに優れたエンジニア育成のための基盤教育の充実」の一環として企画したものです。今年度最後となった今回の講演会は、これまでとは趣向を変え、ワークショップ形式で行われました。

司会を務める永冨生一朗さん(制御情報工学科4年)

講演中の様子

講師の村上卓さんは、本校の物質工学科を2003年に卒業し、広島大学に編入。広島大学卒業後は、大手人材派遣会社を経て、2017年に組織・人財開発コンサルタントの会社としてSHIFT-xを設立しました。SHIFT-xの設立後は、世界各地での海外研修プログラムの開発に取り組み、2021年からは鹿児島県屋久島にて、新規事業を展開しています。

講演では、村上さんが自身の人生の岐路に立ったときに大事にしてきたこと、人生の選択の結果から学んできたことが丁寧に語られました。語りには、「本当はどうしたい?」と自問自答して自分の思いに正直に生きることの大切さ、挑戦するためには「自分に勇気をくれる言葉を持つこと」が必要、など数々のアドバイスがあり、参加者は熱心に講演に耳を傾けていました。

グループワークの様子①

グループワークの様子②

また、ワークショップでは、講演で心に響いた言葉や疑問に思ったことをワークシートに書き出し、数人のグループで話しあいました。話し合いの時間には、学生が夢についての悩みを打ち明ける場面もあり、改めて自身を見つめ直す機会になったようでした。

今年度のグローバルエンジニア講演会は今回で終了しましたが、本校ではこの講演会を来年度以降も継続して実施する予定です。

記念写真

参加した学生のコメント

大浜 怜さん(電気工学科4年)

私は今回、自ら会社を立ち上げているOBの話を生で聞くことで、自分の視野を広げたいと思いこの講演会に参加しました。今回の講師の村上卓さんは、現在に至るまで何度も挑戦を繰り返し、自分の会社を立ち上げられており、今も新しい事に取り組まれています。
私は、やってみたい事や何か新しい事に取り組もうとした時に、今の環境が変化する不安や、失敗することへの恐怖などから諦めてしまうことが多々あります。しかし、今回の講演で村上さんが『「内なる自分の声」に耳を傾け、「失敗しても大丈夫な精神」で動くことが大切だ』と話されていることを聞き、「失敗がたくさんできる若いうちにたくさん挑戦したい」と勇気づけられました。
これからは、常にハングリー精神で頑張られている村上さんを見習い、私も様々なことに挑戦していきたいと思います。


山田 綾さん(物質工学科4年)

私は将来、化粧品の会社を起業したいと考えており、その夢に一歩でも近づくきっかけになればと、今回の村上さんの講演会に参加しました。講演では様々なことを学ぶことができましたが、特に心に残ったことが2つあります。
1つ目は、自分の選択次第で人生は変わるということです。どのような選択をする時でも、反対意見は必ずあります。しかし、結局選択の責任を負うのは自分であるため、岐路に立たされたときに、いかに自分と向き合い納得することが必要であるかを学びました。2つ目は、行動しなければ意味が無いということです。どれだけ何かをしたいと思っても行動しなければ良くも悪くも何も始まりません。行動しないことの無意味さを改めて強く実感しました。
今回の村上さんの講演で感じ取ったことを、就活や起業する時だけでなく日常生活にも活かしていきたいと思います。そして、自分の人生を振り返ったとき、「あのときあの選択をして良かった、自分の人生、充実しているな」と思えるように、頑張っていきたいです。



このページを印刷する

ページ上部へ