独立行政法人国立高等専門学校機構 宇部工業高等専門学校

English
目的別

情報処理センターについて

情報処理センター

本情報処理センターは、技術者として必要となる情報処理技術の実技習得を支援するための学内共同利用施設です。
演習室内には、第1、第2演習室があり、それぞれ49台のパソコンと120インチスクリーンを設置し、講義や演習に利用しています。当設備を利用して、Windowsの各種アプリケーションの利用をはじめ、BASIC・Cなどの各種プログラミング演習やUNIX上のファイル操作、E-mailの利用などについてのパソコン演習を行っています。インターネット利用も可能になっており、利用者はE-mail利用、Web閲覧等ができます。
学内各研究室からは学内ネットワーク回線を経由して、情報処理センター内サーバにアクセス可能で、卒業研究等にも使用しています。 また、授業のない時間帯や土曜日・日曜日には演習室を開放し、自習学習の環境を提供しています。


情報処理センター

情報処理センター利用心得

利用者の範囲

 (1) 本校の教職員及び学生
 (2) 校長の承認を得たもの

利用手続

 (1) 第1、第2演習室は原則としてオープンショップ制とし、利用に 当たっては基幹スタッフ又は技術職員の指示に従わなければならない。
 (2) その他の計算機施設を利用しようとする者は、別に定める利用願を情報処理センター長に提出し、許可を得なければならない。

基幹システムの操作者の範囲

 (1) 基幹スタッフ及び技術職員
 (2) 本校の教職員で基幹システムの操作に十分な能力を有すると 情報処理センター委員会が認めた者

利用時間

 (1) 利用時間は以下のとおりとする。

平 日 午前8時30分から午後6時15分まで
土曜日 午前12時から午後16時まで
日曜日 午後12時から午後16時まで

 (2) 情報処理センター長が必要と認めた場合は、前号の規定にかかわらず、利用時間を変更することができる。

その他

 (1) 能率的に実習を行い、雑談等をしないこと。
 (2) 機械が故障した場合は、直ちに基幹スタッフ又は技術職員に 報告し、その指示に従わなければならない。

このページを印刷する

ページ上部へ