独立行政法人国立高等専門学校機構 宇部工業高等専門学校

English Vietnamese
目的別

呉高専で開催されたアジアDAYに参加しました

NEWS

2020.01.21

令和2年1月11日(土)、呉高専で開催されたアジアDAYに学生21名と参加しました。
呉高専国際交流部と国際交流室が連携したイベントで、本校以外、徳山高専、大島商船、広島商船の学生と教員が68名が参加しました。各プログラムで本校学生は、他高専の留学生や日本人学生と積極的に交流しました。一高専の1つのクラブの学生が主体となってこうしたイベントを継続的に開催していることは、今後本校の国際交流活動を進めていく上で大変参考になりました。

20200112_2

アイスブレーキング

20200112_1

ワークショップ

20200112_3

異文化理解の風景

当日のプログラムは以下の通り

11:00     第1会議室(管理棟3階)集合
11:00-12:30 アイスブレーキング・昼食
12:30-12:35 神田国際交流室長のあいさつ
12:35-12:45 留学生の話
12:45-14:00 海外で活躍する技術者による講演・ワークショップ
        (ワークショップは英語にて実施予定)
14:00-15:15 留学生による異文化体験ブースの出展
15:15-16:00 日本文化体験
        イベント終了・写真撮影・解散

20200112_4

集合写真

参加学生のコメント

有馬愛里菜さん(物質工学科2年)

私は初めてアジアDAYに参加しました。他高専の学生と会うのは初めてだったのでとても緊張しました。活動のなかでも特に印象に残った3つの活動を紹介します。
1つ目はアイスブレーキングです。アイスブレーキングとは班になって英語で伝言ゲームをするというものでした。そこで呉高専の学生と同じグループにナリ、とても仲良くなりました。2つ目はウガンダで元子ども兵の社会復帰を目的に活動しておられる品川さんの話です。子ども兵についての話は重く、私達一人ひとりが考えなければいけない問題だと思いました。3つ目はワークショップとして子ども兵をサポートするにために、「私たち日本人は元子ども兵に何を教えたらよいか」についてのディスカッションです。話し合うことで私たち技術者の卵がこれから何をすればよいかわかった気がしました。
私はアジアDAYに参加してみて外国の様々なことを知ることができてとても充実した時間を過ごせました。来年も参加したいと思っています。

赤尾政樹さん(機械工学科3年)

私は今回が初めてのアジアDAYの参加でした。国際交流に関するたくさんの活動がありましたが、なかでも他高専の日本人学生と留学生という多様な人たちとの交流がとても魅力的でした。特に異文化体験では、ミャンマーやモンゴルといった宇部高専に来ている留学生とは違う国の留学生のブースを体験できました。日本文化体験では、食品サンプルをみんなで作りました。食品サンプルは日本ではよく見かけるものですが、留学生には珍しく、実際に触ったりして驚いていたのを見て、文化の違いを感じました。また、私自身も食品サンプルの技術の高さに感心させられました。
今回アジアDAYに参加してみて、こうした他高専の留学生や日本人学生を招いたイベントを宇部高専でもできればと思いました。


このページを印刷する

ページ上部へ