独立行政法人国立高等専門学校機構 宇部工業高等専門学校

English Vietnamese
目的別

台湾文藻外語大学の学生と「オンラインで日本語おしゃべり会」を実施

NEWS

2021.03.17

令和2年10月から今年2月上旬にかけて、本校が学術交流協定を結ぶ台湾文藻外語大学日文系(高雄市)の学生と「オンラインで日本語おしゃべり会」を実施しました。同大日文系とは、例年1月~2月にかけて2名の学生が宇部高専を訪れ、学内や宇部市役所、あさひ製菓の3カ所でインターンシップを行うなどの交流活動を行っています。しかし、今年度は新型コロナウイルスの影響で来日できなくなったことを受け、オンラインでの交流活動となりました。

今回の「オンラインで日本語おしゃべり会」は、台湾文藻外語大学日文系の学生は日本語レベルが非常に高いにも関わらず、同世代の日本人と話をする機会がほとんどないことから、オンラインで日本の学生と自分たちが興味のある話題について会話をし、若者の使う言葉を学ぶことを目的に企画されました。

参加したのは宇部高専の学生12名(3年生2名、1年生10名)、台湾文藻外語大学の学生6名で、日本人学生2名、台湾人学生1名の3人がグループとなって、office365のTeamsを使い毎週1回、お互いに興味のあるテーマで日本語でのおしゃべり会を行いました。日本語による交流のため、低学年でも参加しやすい活動となり、運営にかかわる3年生2名以外は全員1年生となりました。

今後対面式の交流が再開されても、こうしたオンラインによる交流は継続して行う予定です。

左が中村愛華さん、右上が3B水上遥さん、右下が鄭媛元さん

左が莊詠涵さん、右が清水百花さん


参加した学生のコメント

中村愛華さん(経営情報学科3年)

私は、このプログラムのリーダーとして参加しました。今までリーダーシップを取ったり、こうした活動の運営をしたりすることがあまりなかったので貴重な経験でした。リーダーとして、各グループの活動を把握するためにアンケートを作成したり、メンバーのためにTeamsの機能の説明を作成したりしました。Teamsのオンライン機能に慣れていない学生が多く不安でしたが、どのグループもお互いの国について会話ができていて良かったと思います。
私は、昨年宇部高専に研修に来ていた台湾の親友2人がこの活動に参加していたので、画面越しでしたが久しぶりに顔を見て話すことができ、嬉しかったです。2人とはLINEやインスタグラムで繋がっていましたが、久しぶりに顔を合わせて話すので初回はお互いぎこちなかったです。しかし、回数を重ねると、台湾と日本の文化の話だけでなく、世間話やドラマなどの話題で盛り上がり話をしだすと止まらないくらいに楽しめました。
今回の活動を通して、コミュニケーション能力が身につきました。日本にいながら、台湾の学生と国際交流できるのは素晴らしいことだと思うので、他の学生も参加してほしいと思います。そして私自身、これからも国際交流活動に積極的に参加します。


清水百花さん(物質工学科1年)

私は、この活動を通して初めて台湾の人と交流をしました。もともと私は台湾や中国語に興味がありこの活動を知り是非参加したいと思いました。私以外にもたくさんの1年生や先輩が参加していてとても心強く、楽しく交流することができました。
私たちの相手は莊詠涵さんで、週に1回、オンラインで交流しました。初めはうまく話せるかどうか、ちゃんと伝わるかどうかという不安もありました。ぎこちない挨拶から始まった会話も回数を重ねていくうちに、日本や台湾の文化について話したり、好きな芸能人やアーティストの話しで盛り上がったりして、オンラインでしたがしっかりコミュニケーションをとりながら交流することができました。
週に一度の会話以外にも、私が個人的に台湾について知りたいことがあったのでLINEを通じて聞くこともありました。興味のあることについて知ることができたので、交流以外にもとても自分のためになる機会になりました。今後もこのような国際交流があれば積極的に友達を誘って、参加していきたいと思います。


鄭媛元さん(台湾文藻外語大学日文系4年)

去年の台湾の冬休み(1~2月)にインターンシップで宇部高専に行きました。3週間という短い期間でしたが、宇部高専のみなさんと一緒に授業受けたり市役所や企業でのインターンをしたりすることもできました。
新型コロナウイルスの影響で日本へ行けなくなったので、去年10月中旬から台湾側のリーダーとして、日本に興味がある文藻の学生を募集して、宇部高専の学生とオンラインで週一回の交流をすることになりました。この交流会に参加する文藻の学生はそんなに多くなかったので2対1で交流しました。
文藻の学生は台湾のことを紹介し、宇部高専の学生は日本の文化などを紹介してくれました。この交流会のおかげで台湾と日本の文化の違いから都市伝説の話までもできて、すごく楽しかったです。また交流会があったらまた参加しようと思っています!


莊詠涵さん(台湾文藻外語大学日文系4年)

今回のおしゃべり計画に参加できて嬉しかったです。私がこのおしゃべりに参加した理由は、期待してた日本での交換留学がコロナで中止になってしまったからです。2020年はコロナの影響でいろいろ大変でしたが、留学もできず、外国人と交流する機会も少なくなっていましたから、こうしてオンラインおしゃべりするのが新鮮で楽しかったです。最初は宇部高専で実習した経験がある友達からこのおしゃべり計画に誘われたのですが、実際グループの皆さんと話したら、メンバーたちが優しくて、山口に行ったら絶対楽しそうって思いました(笑)。旅行の話とか中国語と日本語の違いとかもいろいろ交流しました。一つだけ残念なのは、自分はオンラインでおしゃべりするということにあまり慣れてないので、途中でネタが切れることが多かったですが、本当はコロナが収束したら宇部の皆さんに会いに行きたいです!鄭媛元さんと(笑)



このページを印刷する

ページ上部へ