独立行政法人国立高等専門学校機構 宇部工業高等専門学校

English
目的別

台湾国立聯合大学で海外研修を開始

NEWS

2016.08.29

8月10日(水)~9月10日(土)までの4週間、昨年度に続き台湾の国立聯合大学で、宇部高専専攻科1年生1名、本科4年生6名、3年生5名の12名が海外研修に参加しています。
この宇部高専主催の研修には、高知高専から本科2年生2名と津山高専専攻科2年生1名が中国四国地区の国際交流コンソーシアムにより参加しています。また、同時期に、木更津高専の学生11名も研修に参加しています。

渡航初日、聯合大学国際ボランティアクラブの学生たちが桃園国際空港まで迎えに来てくれていました。彼等は、研究室や食事の案内、休日の台北ミニ旅行のガイドなどをして、宇部高専の学生の生活全般をサポートしてくれます。

2日目は、午前中に、第1回目の中国語の授業で自己紹介の仕方を学びました。その後、聯合大学主催の海外研修始業式が開催され、聯合大学の蔡東湖校長、柳文成国際交流室長の挨拶の後、木更津、宇部、新居浜の各高専の教員が挨拶をし、最後に木更津、宇部、高知、新居浜、津山の各学生、聯合大学の国際ボランティアクラブの学生が挨拶をしました。宇部高専の学生はじめ各高専の学生たちは英語または覚えたての中国語で自己紹介を行いました。

20160810_1

聯合大学の蔡東湖校長

20160810_2

挨拶をする柳文成国際交流室長

20160810_3

自己紹介する宇部高専の学生たち

午後からは、学生は各学部に分かれて、これから3週間の指導していただくことになる先生方と初めて対面し、本格的に研究を開始しました。宇部高専の学生も機械系、電気系、経営系にそれぞれ分かれて配属されました。研修では、聯合大学の先生方が各研究室で指導にあたりますが、聯合大学の学生がチューターとして宇部高専の学生についてくれているため、充実した研究活動を送ることができています。

2年目の研修になり、宇部高専と台湾国立聯合大学との間では相互に学生の派遣・受入の研修が可能になりました。両校間の学生交流がますます盛んになってきています。


このページを印刷する

ページ上部へ