独立行政法人国立高等専門学校機構 宇部工業高等専門学校

English
目的別

学生があさひ製菓(シュクルヴァン)とパンの共同開発を行いました

NEWS

2019.02.08

宇部工業高等専門学校はCOC+長期インターンシップ『やまぐち学生×あさひ製菓コラボ商品開発プロジェクト2018』に、山口大学、山口県立大学の学生とともに参加しています。
この活動は、地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)の課題解決型インターンシップ(PBI)の一環としてシュシュ、果子乃季、シュクルヴァンのチームに分かれ、それぞれで学生のアイデアを元に新規商品を開発するプロジェクトです。今年度、宇部高専の学生はシュクルヴァンと合同で商品開発を行ってきました。キックオフミーティング以降、学生たちは毎週様々なアイデアを出し合い、「山口県の特産品に注目したパン」を開発するという結論になりました。

8月に山口県立大学で開催された中間発表では、ブレイン・ストーミングを活用したターゲット・コンセプト絞りについて説明し、商品案を提案しました。

20190207_1

ミーティング

今回提案した商品案の内、瓦そばコッペは12月に5日間の販売を行い、現在も継続して販売されています。また学生は1月末に店頭販売にも立ちました。まだシュクルヴァン各店(宇部ファーム店以外)で販売は続いておりますので、ぜひお買い求めください。

20190207_2

試食会

20190207_3

店頭販売

20190207_5

販売中の瓦そばコッペ

このプロジェクトではターゲットやコンセプトを明確にし、さらにはコストなども考えて商品化することが必要であり、学生にとって大きな経験になったものと考えています。

なおプロジェクト参加メンバーは以下の7名です。

石光文華(経営情報学科4年)、山本美里(経営情報学科4年)、長岡香鈴(制御情報工学科3年)、木村葵海(経営情報学科3年)、田村紀子(経営情報学科3年)、福光春那(物質工学科2年)、重政美歩(経営情報学科2年)

20190207_4

集合写真

20190207_6

2月中旬販売開始予定の山賊焼きバーガー


このページを印刷する

ページ上部へ