独立行政法人国立高等専門学校機構 宇部工業高等専門学校

English Vietnamese
目的別

物質工学科の廣原教授が日本レーザー医学会奨励賞を受賞

NEWS

2021.12.24

物質工学科の廣原志保教授が日本レーザー医学会の奨励賞を受賞し、10月23日(土)に開催されたLaser Week in Tokyo II (第42回日本レーザー医学会総会、第31回光線力学学会学術講演会、第17回日本脳神経外科光線力学学会 (合同大会))において表彰されました。

日本レーザー医学会は、レーザーに関する医学、生物学及び工学における研究と技術の向上のため、学術大会の開催等により学術交流を図り、社会に貢献することを目的として組織された会です。同会の奨励賞は一昨年10月からの1年間で日本レーザー医学会誌『The Journal of Japan Society for Laser Surgery and Medicine』に掲載された中で最も優秀だった論文に授与されます。

受賞式の様子

廣原教授が奨励賞を受賞した論文「Development of porphyrin derivatives for theranostics(セラノスティクスを目指したポルフィリン誘導体の開発)」は、2020年7月に日本レーザー医学会誌に掲載。レーザー医学領域の発展に貢献する論文として認められ、今回の受賞に至りました。

11月29日(月)には、賞状とメダルが学校に届き改めて山川校長に報告を行いました。この研究は、国立高専機構が進めているGEAR5.0(未来技術の社会実装教育の高度化)のテーマの1つである「防疫」にも関係しており、山川校長からは「成果が上がるのを引き続き楽しみにしています。」と激励の言葉が贈られ、廣原教授は「これからも学内や他高専のみならず大学とも連携を深め研究をすすめることで、セラノスティクス薬剤の実用化を目指していきたい」と、今後の抱負を語っていました。

山川校長との記念撮影


このページを印刷する

ページ上部へ