独立行政法人国立高等専門学校機構 宇部工業高等専門学校

English
目的別

高専とは

What is the Kosen

高専制度と目的

1.目的

高等専門学校(高専)は優れた専門技術者の養成を目的とした5年制の高等教育機関です。5年一貫教育により、高校+大学のレベルまでの一般科目と専門科目を効率よく学び、大学と同程度の教育を受け、研究することができます。

2.高専制度

高専制度は昭和36年度に制定され、昭和37年に19校(国立12校、公立2校、私立5校)が設置され、現在全国に国立51校、公立3校、私立3校の合計57校の高専があります。

3.成果

今日まで40万人以上の卒業生を社会に送り出し、わが国の工業技術者養成に重要な役割を果たしています。

4.地域との連携

地域産業界との連携協力を推進するために、活発な研究活動を展開しています。また、地域社会における生涯学習の拠点としての役割を果たすため、各種公開講座を開催するとともに、研究生、科目等履修生などの制度を備え、“ひらかれた高専”として身近な高等教育機関を目指しています。

5.専攻科制度

平成3年の大幅な高専制度の改正により、専門分野が拡大するとともに、専攻科制度が創設されました。また、卒業生へ準学士の称号が与えられるほか、専攻科修了生は学士の学位を取得できます。

system_aims


高専教育の特色

国際的に通用する技術者の育成認定専門教育プログラム“JABEE”への取り組みで、高専が国際的な大学の教育レベルと同等であることが認証されています。
宇部高専では、平成16年度に「創造デザイン工学教育プログラム」(平成26年度より「生産システム工学教育プログラム」と「物質工学教育プログラム」に分離・改称)、平成20年度に「経営情報工学教育プログラム」が認定されています。

高専教育はここが優れている

  • 一般科目には、数学、物理及び化学の基礎科目だけでなく、社会科学、語学、保健体育及び芸術を含んでいます。
  • 基礎科目と専門科目は、5年間を通して効果的に配置されています。カリキュラムは、学習の進度に応じて理解力と問題解決能力が増すように作成されています。
  • 高専は、高等教育機関にふさわしい実験・研究設備を備えています。学んだことを応用する能力を身につけるために、理論だけではなく実験と実習に重点を置いています。さらに、インターンシップや工場見学により、企業等での就業体験も行っています。
  • 学生は卒業研究を通して、独立の精神を養い、創造性に富んだ技術者として開発設計を含めて研究する能力を身につけます。
  • 産業構造の変化や現代の科学・技術の多様な進展などにも対応できるように各学科を設置しています。これらの学科では、それぞれの分野でユニークなカリキュラムの下に教育を行っています。
    宇部高専では機械工学科、電気工学科、制御情報工学科、物質工学科、経営情報学科を設置しています。
  • グローバル・イノベーション・ネットワークシステム(GI-net:Global Inovation network system)を利用した高専間又は高専と大学間での遠隔授業や会議の実施に取り組んでいます。

このページを印刷する

ページ上部へ