独立行政法人国立高等専門学校機構 宇部工業高等専門学校

English Vietnamese
目的別

UBE方式:『グローバル高専生』育成を目的とした次世代型国際交流の確立

シンポジウム「地域でグローバル人材を育成するために」

 本校は平成29年度に、国立高等専門学校機構のKOSEN(高専)4.0イニシアティブ事業に採択され、「国際化の加速・推進」をテーマにさまざまな取組みを進めております。 そこでこれまでの取り組みについて広く報告させていただくと共に、今後の事業の改善に繋げるため、下記のとおりシンポジウムを開催することとなりましたのでご案内申し上げます。
2019年2月2日(土)10:00 – 15:00
ANAクラウンプラザホテル宇部 弥生の間(山口県宇部市相生町81)
【第一部】
 10:00-10:05  開会挨拶 宇部工業高等専門学校 校長 三谷 知世
 10:05-10:10  来賓挨拶
 10:10-10:40  基調講演 地域のグローバル企業が求めるグローバル・エンジニア育成への期待
         独立行政法人日本貿易振興機構 山口貿易情報センター所長 藤原 雅樹氏
 10:40-11:20  活動報告
         ①UBE方式次世代型国際交流について 宇部工業高等専門学校 留学交流室長 畑村 学
         ②宇部市立見初小学校での留学生を活用した取組み 宇部市立見初小学校 教務主任 八代真一

・・・・・・ 休憩(11:20-11:30) ・・・・・・

 11:30-12:00  特別講演 グローカル人材のアントレプレナーへの軌跡
        株式会社ChromaJean 代表取締役 三輪 勝彦氏(宇部高専OB)
 12:00-12:30  パネルセッション(宇部高専生による国際交流活動報告)

【第二部】
 13:30-14:40 パネルディスカッション グローバル時代のキャリアデザイン
        ●ファシリテーター
         株式会社ChromaJean 代表取締役 三輪 勝彦氏
        ●パネラー
         ①宇部市総合戦略局 理事(総合戦略統括監)小檜山 大介氏
         ②リベルタ株式会社 代表取締役 CEO & Founder 澤野 啓次郎氏
         ③株式会社ヤナギヤ 経営企画部次長 水野 正幸氏
         ④安川电机(中国)有限公司机器人事業部
          汽車産業営業部広州汽車産業営業課 課長 山邊 辰巳氏
         ⑤ハイグロマスター株式会社 技術部主任 金田 耕治氏
        ●内容
         我々は今、社会的、経済的に地域や国境を越えて世界規模で結びつきが深まる、
        そんな「グローバル化の時代」に生きている。そうした時代に、仕事を通じて
        実現したい将来像や、それに近づくプロセスを明確にして行かなければならない。
        そのためには、今、そしてこれから、我々は何をすべきか。
         グローバル企業の第一線で活躍するパネラー同士のディスカッションを通じて、
        その手がかりを探る。
 14:40-14:50 パネルセッション表彰式
 14:50-15:00 閉会挨拶

【申し込み・お問い合わせ先】
宇部工業高等専門学校 学生課教務・入試係
TEL 0836-35-4974/E-mail kyoumu*ube-k.ac.jp *を@に変えてください

事業紹介

取組の目的

  • 海外協定校及び国内各種団体と連携し、高専生の「グローバルコンピテンシー」「コミュニケーション力」等の向上を第一目的に、近隣地域と高専全体のグローバル化にも貢献する。

内容

  • 多目的交流スペース(コールズ)を整備し国際交流を加速
  • 国内外の国際交流活動を経験した学生を到達度評価し、上位レベル者に「グローバルマイスター(GM)認定証を発行
  • 以上を「UBE方式」とし、高専の次世代型国際交流パッケージとして高専フォーラム等で全国高専に発信
※“KOSEN(高専)4.0”イニシアティブ事業とは 独立行政法人国立高等専門学校機構(以下、高専機構)は、「新産業を牽引する人材育成」、「地域への貢献」、「国際化の加速・推進」の3つの方向性を軸に、各国立高専の強み・特色を伸長することを目的として、“KOSEN(高専)4.0”イニシアティブを実施。 各国立高専には、第4期中期目標期間(平成31年度からの5年間)に向けたカリキュラムの改訂や組織改編などを伴う取組を通じて、各校の在り方・役割(ミッション)を自ら見つめ直すことを期待しており、第4期中期目標期間までの約2年間(平成29年度~30年度)を準備期間と位置付け、当該取組のスタートアップ経費をメリハリをつけて重点的に支援している。 宇部高専は平成29年度の本事業に申請し、「UBE方式:『グローバル高専生』育成を目的とした次世代型国際交流の確立」が2年間に渡り採択された。

このページを印刷する

ページ上部へ